2D対面地方開催

アニメーションブートキャンプ新潟 参加者募集!(11月26-27日開催)【募集終了】

概要

令和4年度 文化庁アニメーション人材育成調査研究事業
あにめのたね2023 presents

アニメーションブートキャンプ新潟

〜募集期間を終了しました〜

一生もののワークショップ体験!

 

「アニメーションブートキャンプ」は第一線で活躍するアニメーターや監督のもとで、アニメーション表現者の核となる「伝わる表現」を学ぶワークショップです。新潟では2回目の開催となり、新たに高校生以上の方を対象とした公募制で参加を受け付けます。アニメーターを本気で目指している方の参加をお待ちしています!

「アニメーションブートキャンプ」とは?

「アニメーションブートキャンプ」は、文化庁によるメディア芸術の振興を目的とした委託事業の一つとして平成24年(2012年)から産学協同で行われているワークショップです。その理念は、「表現者として自己開発できる人材を育てること」。小手先の技術や知識ではなく、アニメーターとして成長していく上で必要な基本姿勢を、課題制作を通じて学びます。

ワークショップ概要

日程: 令和4年11月26日(土)・27日(日)
* 2日間で複数の作画課題に取り組むプログラムです。
*両日9:00〜17:00を予定しており、1日のみの参加は不可とします。
*事前トレーニング課題の提出が必要です(詳細は合格後にご案内します)。
会場: 開志専門職大学 アニメ・マンガ学部 古町ルフルキャンパス
新潟市中央区古町7番町1010番

講師: 後藤 隆幸(アニメーター、キャラクターデザイナー/株式会社プロダクション・アイジー)
富沢 信雄(アニメーション監督/株式会社テレコム・アニメーションフィルム)
小村方 宏治(アニメーター、演出 /株式会社プロダクション・アイジー新潟スタジオ)
藤巻 廉(アニメーター、原画、作画監督 /株式会社プロダクション・アイジー新潟スタジオ)
三浦 菜奈(アニメーター)
漁野 朱香(アニメーター/株式会社スタジオポノック)※都合により、講師の一部に変更がありました。
対象者: ・ アニメーションの制作に興味のある高校生以上の方。
・ 日本語でのコミュニケーションが可能な方。
・ ワークショップに終日、参加可能な方。
・ 日本国内に在住している方。
・ 募集要項記載の個人情報取り扱い方針および注意事項をご確認の上、同意いただける方
* 社会人のご応募も可能です。但し「アニメーション業界志願者を対象とする基礎教育プログラム」という事業目的に照らし、選考に際しては業界志願の学生を優先させていただきます。また社会人応募者の選考に際しては、応募課題だけでなく応募理由が重視され、受け入れは若干名となります。
募集人数: 30名程度

* 応募者多数の場合は、応募課題をもとに参加者の選考を行います。
* 応募内容に不備があった場合は、参加をお断りする場合があります。
受講料: 無料
応募課題:
応募課題の提出期間
  • 令和4年10月18日(火)
    11月6日(日)18:00 締め切り

講師プロフィール

    • 後藤 隆幸(アニメーター、キャラクターデザイナー/株式会社プロダクション・アイジー)

      プロダクション・アイジー所属。アニメーターとして東映動画株式会社や株式会社タツノコプロの作品に参加。1988年、『赤い光弾ジリオン』終了後にタツノコ制作分室の石川光久とともに有限会社アイジータツノコ(現・プロダクション・アイジー)を設立。
      【主な参加作品】
      『Gu-Guガンモ』(1983、作画監督・原画)
      『赤い光弾ジリオン』(1987、キャラクターデザイン・作画監督)
      『ぼくの地球を守ってPlease Save My Earth』(1993、キャラクターデザイン・総作画監督)
      『HUNTER×HUNTER』(1999、キャラクターデザイン・作画監督)
      『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』(2002、作画監督)
      『攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』(2004、キャラクターデザイン・作画監督)
      『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』(2006、キャラクターデザイン・総作画監督)
      『獣の奏者エリン』(2009、キャラクターデザイン・総作画監督)
      『黒子のバスケ』(2012、総作画監督)
      『銀河英雄伝説 Die Neue These』(2018〜、総作画監督)
      など
    • 小村方 宏治(アニメーター、演出 /株式会社プロダクション・アイジー 新潟スタジオ)

      亜細亜堂を経てプロダクション・アイジーに入社。出身地の新潟スタジオに在任。日本アニメマンガ専門学校非常勤講師。
      【主な参加作品】
      『しあわせのかたち』(1990、原画)
      『GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊』(1995、原画)
      『フリクリ』(OVA)(2000,原画)
      『BLOOD+』(2005、原画・作画監督)
      「RD潜脳調査室』(2008、作画監督)
      『黒子のバスケ』(2012,演出)
      『翠星のガルガンティア』(2013、原画・演出)
      『ジョーカー・ゲーム』(2016、演出)
      『銀河英雄伝説Die Neue These』(2018,演出)
      など
    • 富沢 信雄(アニメーション監督/株式会社テレコム・アニメーションフィルム)

      株式会社テレコム・アニメーションフィルム所属のアニメーション監督。アニメーターとして『ルパン三世カリオストロの城』『未来少年コナン』などに参加。『名探偵ホームズ』では演出・絵コンテとして参加。

      【主な参加作品】
      『ルパン三世カリオストロの城』(1979、原画)
      『未来少年コナン』(1978、原画)
      『NEMOニモ』(1989、アニメーションディレクター)
      『無敵看板娘』(2006)、監督)
      『二十面相の娘』(2008、監督)
      『ひめチェン!おとぎちっくアイドル リルぷりっ』(2010、演出・助監督)
      『ルパン三世 PART4』(2015、絵コンテ・演出)
      『ルパン三世 PART5』(2018、絵コンテ・演出)
      『つくもがみ貸します』(2018、絵コンテ・演出)
      など

    • 藤巻 廉(アニメーター、原画、作画監督/株式会社プロダクション・アイジー新潟スタジオ)

      日本アニメマンガ専門学校アニメーター科卒業。プロダクションIG新潟所属。日本アニメマンガ専門学校非常勤講師。

      【主な参加作品】
      『ハイキュー!! 』(2014-202、動画・原画)
      『黒子のバスケ』(2012-2015、動画・原画)
      『Bee and PuppyCat』(2013、原画)
      『ジョーカー・ゲーム』(2016、原画)
      『魔法陣グルグル』(2017、原画)『妖怪ウォッチ』(2014-2018、原画)
      『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』(2016、原画)
      『銀河英雄伝説 Die Neue These』(2022、原画・作画監督)
      など。

    • 三浦 菜奈(アニメーター)

      手塚プロダクション出身、現在はフリーで活躍中。

      【主な参加作品】
      『ヤング ブラック・ジャック』(2015、キャラクターデザイン・作画監督)
      『クロムクロ』(2016、作画監督)
      『サクラクエスト』(2017、作画監督)
      『だがしかし2』(2018、キャラクターデザイン)
      『さよならの朝に約束の花をかざろう』(2018、作画監督補佐)
      『天狼 Sirius the Jaeger』(2018、作画監督)
      『キミだけにモテたいんだ。』(2019、総作画監督)
      『天晴爛漫!』(2020、作画監督)
      『雨を告げる漂流団地』(2022、作画監督)
      など。

    • 漁野 朱香(アニメーター・株式会社スタジオポノック)

      学生時代にアニメーションブートキャンプ2014京都、2015京都、2015那須合宿参加。
      卒業後はテレコムアニメーションフィルムの作品に参加し、2022年からスタジオポノックに所属。

      【主な参加作品】
      『神之塔』(2020、原画)
      『イジらないで長瀞さん』(2020、原画)
      『シェンムー』(2020、原画)
      『ブルーサーマル』(2022、原画)
      など。

参加までの流れ

 

①「応募課題」ページの説明をよく読んで、2つの課題に取り組む。

②「応募課題」ページ下部の「参加応募フォーム」から応募。

必要情報:
1)基本情報(氏名、年齢、連絡先など)
2)アンケート(応募理由や動機など)
3)課題提出(アニメーション課題、全身自画像)

③募集締め切り後1週間程度で、事務局からご登録いただいたメールアドレス宛に合否結果をご連絡します。

④合格された方々には、課題で用いるキャラクターに描き慣れてもらうための事前トレーニング課題に取り組んでいただきます。

ワークショップ当日

 

 

参加者の声

テクニックではなく、自分で考えさせて実際に描いてみて自分で気づくというプロセスの中に講師の方々の指導があったので、非常に学習効果が高かったと思います。また講義ではプロの方が何を考えて作っているのかを具体例を交えて説明いただいたことも非常に勉強になりました。

 

プロ中のプロから教えて頂いたアドバイスがすごく勉強になり、動きを違和感のないようにする事ができるようになったと思う。

 

アニメーターとしてどんなことが出来たらよいか、どのように時間を使ったらいいか、これからの学びの参考になった。

 

感覚を言語化して描き出す方法や、重さを絵に表現する動きを、自分の班だけでなく他の班のアニメーションを見て学べたと思う。Q&Aはすべて有意義なもので、今後の作品集作りや技術向上に役立てて自分の力にしたい。

 

アニメーションの基本である動かすことの難しさ、楽しさを実感でき、アニメーターになりたいと思う気持ちがより強くなった。また、現役のプロの方々のお話を聞いて、アニメの仕事の具体的なイメージを知る良い機会にもなった。

 

アニメーターになりたいと思って専門学校に行き、ブートキャンプにも応募しました。知識がほとんどなかったのですが、ブートキャンプに参加したことでこういう仕事がしたい!もっと絵を描いて上手くなりたい!という決意や意識がとても高まったし、本当に楽しかったです。

 

第一線で活躍している人たちに直接教わるということは単に技術を教わる以上の意味がありました。そうした人たちの仕事に対する姿勢や言葉で表すことが難しい雰囲気を感じられたことが大きかったです。

 

 

実施体制

ディレクター:

竹内 孝次(アニメーションプロデューサー、東京アニメアワードフェスティバル フェスティバルディレクター)
布山 タルト(東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻 教授)

 

プロデューサー:

岡本 美津子(東京藝術大学大学院 映像研究科アニメーション専攻 教授)

 

マネージャー:
面髙 さやか(東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻 助教)

 

アシスタントディレクター/マネージャー:
伊藤 圭吾 / 端地 美鈴

 

主催:
文化庁 令和4年度アニメーション人材育成調査研究事業

 

受託者:
一般社団法人日本動画協会

 

ワークショップ企画運営:
一般社団法人日本アニメーション教育ネットワーク(JENA

 

協力:
開志専門職大学アニメ・マンガ学部

 

 

お問合わせ

アニメーションブートキャンプ事務局:
staff@animationbootcamp.info

 

 

  • Twitter
  • facebook
  • Google +
  • LINE