プロジェクトメンバー

参加講師

クリックすると各講師のプロフィールが表示されます。
(敬称略、五十音順)

  • 青木 一紀 (アニメーター/株式会社手塚プロダクション)

    2003年株式会社手塚プロダクション入社、
    アニメーターとして多くの作品で原画を手掛ける。

    【主な参加作品】
    テレビアニメシリーズ『ブラック・ジャック』(2003、原画)
    映画『ねずみ物語』(2007、原画)
    テレビアニメシリーズ『もっけ』(2007、原画)
    テレビアニメシリーズ『スティッチ』(2008、原画)
    テレビアニメシリーズ『遊戯王ZEXAL』(2011、原画)
    テレビアニメシリーズ『坂道のアポロン』(2012、原画)
    映画『グスコーブドリの伝記』(2012、原画)
    テレビアニメシリーズ『ポケットモンスター』(2013、作画監督)など

  • 浅野恭司 (アニメーター、キャラクターデザイナー/株式会社ウィットスタジオ)

    1996年、Production I.Gに入社。原画、作画監督、キャラクターデザインなどを務める。2012年には、Production I.Gから独立し、株式会社ウィットスタジオを和田、中武とともに設立。

    【主な参加作品】
    『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』(2002、作画監督・原画)
    『攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』(2004、作画監督・原画)
    『戦国BASARA』(2009、デザインワークス・作画監督)
    『君に届け』(2009、作画監督・原画)
    『ギルティクラウン』(2011、総作画監督)
    『PSYCHO-PASS サイコパス』(2012、キャラクターデザイン・総作画監督)
    『進撃の巨人』(2013、キャラクターデザイン・総作画監督)
    『甲鉄城のカバネリ』(2016、総作画監督)
    など

  • 浅野 直之 (アニメーター)

    陸演隊を経て現在フリー。テレビシリーズや劇場作品など多数の作品に関わっている。

    【主な参加作品】
    テレビアニメーション
    『四畳半神話大系』(2010、作画監督)
    『とある科学の超電磁砲S』(2013、ED作画監督・ED原画)

    劇場アニメーション
    『時をかける少女』(2006、原画)
    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(2007、原画)
    『ドラえもん新・のび太と鉄人兵団〜はばたけ天使たち〜』(2011、総作画監督)
    『鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星』(2011、原画)
    『しらんぷり』(2012、キャラクターデザイン・作画監督)
    『聖☆おにいさん』(2013、キャラクターデザイン・総作画監督・原画)
    『おそ松さん』(2015、キャラクターデザイン、作画監督、OP絵コンテ・演出・作画監督、ED作画)
    など

  • 板津 匡覧 (アニメーター)

    株式会社ぎゃろっぷを経てフリーのアニメーターとして活躍中。

    【主な参加作品】
    ・テレビアニメーション
    『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(1996~2004、原画、動画)
    『妄想代理人』(2004、作画監督、原画)
    『電脳コイル』(2007、総作画監督、 作画監督、原画)

    ・劇場アニメーション
    『パプリカ』(2006、原画)
    『風立ちぬ』(2013、原画)
    『百日紅~Miss HOKUSAI~』(2015、キャラクターデザイン、作画監督)
    など

  • 稲村 武志 (アニメーター/株式会社スタジオポノック)

    シンエイ動画株式会社で動画・動画チェックを担当。1991年株式会社スタジオジブリ入社後、数々のジブリ作品で原画を手掛け、フリーを経て、2017年株式会社スタジオポノック。

    【主な参加作品】
    『ハウルの動く城』(2004、作画監督)
    『ゲド戦記』(2006、作画監督)
    『崖の上のポニョ』(2008、作画監督補)
    『コクリコ坂から』(2011、作画監督)
    『くじらとり(三鷹の森ジブリ美術館オリジナル短編作品)』(2001、演出アニメーター)
    『たからさがし』(2011、演出アニメーター)
    『風立ちぬ』(2013、原画)
    『思い出のマーニー』(2014、作画監督補)
    『バケモノの子』(2015、原画)
    『メアリと魔女の花』(2017、作画監督)
    など

  • 大久保徹 (キャラクターデザイン、作画監督/株式会社プロダクション・アイジー)

    1997年プロダクション・アイジー入社。現在も在籍中。

    【主な参加作品】
    『HUNTERXHUNTER』(1999、原画)
    『攻殻機動隊STAND ALONE COMPULEX』(2002、原画)
    『魁!!クロマティ高校』(2003、作画監督)
    『お伽草子』(2004、作画監督)
    『精霊の守り人』(2007、作画監督)
    『戦国BASARA』、『戦国BASARA弐』、劇場版『戦国BASARA』(2009~2011、キャラクターデザイン・総作画監督)
    劇場版『BLOOD-C The Last Drak』(2012、作画監督)
    GAME『戦国BASARA4』(2013、キャラクターデザイン原案・アニメーションパート作画監督)
    『攻殻機動隊新劇場版』(2015、サブキャラクターデザイン・総作画監督)
    『進撃!巨人中学校』(2016、作画監督)
    など

  • 大谷 里恵 (フリーアニメーター)

    2008年株式会社テレコム・アニメーションフィルムに入社。2015年よりフリーに。

    【主な参加作品】
    『アニメミライ おぢいさんのランプ』(2011、動画検査)
    『アニメミライ BUTA』(2012、原画)
    『もやしもんリターンズ』(2012、原画)
    『アイカツ!』(2012、原画)
    『戦国BASARA JudgeEnd』(2014、プロップデザイン・原画)
    など

  • 押山 清高 (アニメーター)

    現在フリーのアニメーターとして数多くの作品に参加。

    【主な参加作品】
    『電脳コイル』(2007、作画監督、原画)
    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(2009、原画)
    『借りぐらしのアリエッティ』(2010、原画)
    『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』(2011、アニメーションディレクター・原画)
    『風立ちぬ』(2013、原画)
    『スペース★ダンディー』(2014、脚本、演出、作画監督、原画)
    など

  • 片渕 須直 (アニメーション監督、脚本家)

    アニメーション監督、脚本家、日本大学芸術学部映画学科講師。
    日本大学芸術学部映画学科にてアニメーションを専攻し、特別講師として来た宮崎駿監
    督と出会い、在学中から宮崎監督の作品に脚本家として参加する。主な監督作:
    『アリーテ姫』(STUDIO4℃)、『マイマイ新子と千年の魔法』(マッドハウス)『この世界の片隅に』(MAPPA)。

    【主な参加作品】
    『名探偵ホームズ』(1984、脚本)
    『魔女の宅急便』(1989、演出補)
    『七つの海のティコ』(1994、設定協力・絵コンテ)
    『名犬ラッシー』(1996、監督)
    『アリーテ姫』(2000、監督・脚本)
    『マイマイ新子と千年の魔法』(2009、監督・脚本)
    『BLACK LAGOON』(2006~2011、監督・脚本)
    『この世界の片隅に』(2016、監督・脚本)
    など

  • 亀田 祥倫 (アニメーター)

    2006年AICに入社。2009年よりフリーに。

    【主な参加作品】
    『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』(2009~2010、キーアニメーター)
    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012、原画)
    『レイトン教授VS逆転裁判』(2012、アクション作画監督)
    『アニメミライ パロルのみらい島』(2014、キャラクターデザイン、作画監督)
    『ワンパンマン』(2015、作画監督)
    など

  • 京極 義昭 (アニメーター、演出)

    1980年東京生まれ。20015年より株式会社プロダクション・アイジーに所属。アニメーターとして多数の作品に参加後、演出に転向。2015年よりフリーランスとして活動している。

    【主な参加作品】
    『精霊の守り人』(2007、原画)
    『図書館戦争』(2008、原画)
    『東のエデン(TV/劇場版)』(2009-2010、原画・絵コンテ)
    『戦国BASARA弐』(2010、作画監督)
    『君に届け 2ND SEASON』(2011、作画監督)
    『うさぎドロップ』(2011、演出)
    『黒子のバスケ』(2012-2014、演出)
    『東京喰種』(2014、演出)
    など

  • 小田部 羊一 (アニメーター、キャラクターデザイナー)

    1936年台湾台北市生まれ。アニメーター、キャラクターデザイナー。
    東京藝術大学日本画科を卒業後、東映動画株式会社に入社、数々の劇場用作品に係わり、その後Aプロダクション、ズイヨー映像、日本アニメーションを経て、フリーの活動を開始する。1985年、任天堂株式会社に開発アドバイザーとして入社、アニメーションのノウハウをテレビゲームに取り入れる。2007年に任天堂を退社、再びフリーでの活動を開始する。現在『ポケットモンスター』アニメーション監修を担当。

    【主な参加作品】
    『わんぱく王子の大蛇退治』(1963、原画補佐)
    『わんわん忠臣蔵』(1963、原画)
    『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1968、原画)
    『長靴をはいた猫』(1969、原画)
    『空飛ぶゆうれい船』(1969、作画監督)
    『どうぶつ宝島』(1971、原画)
    『赤胴鈴之助』(1972~73、作画監修補・原画・作画監督)
    『パンダコパンダ』(1972、原画・作画監督(共同))
    『パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻』(1973、原画・作画監督(共同))
    『アルプスの少女ハイジ』(1974、キャラクターデザイン・作画監督)
    『母をたずねて三千里』(1976、キャラクターデザイン・作画監督)
    『龍の子太郎』(1979、キャラクターデザイン・作画監督)
    『じゃりン子チエ』(1981、作画監督)
    『風の谷のナウシカ』(1983、原画)
    『ポケットモンスター』(1997、アニメーション監修)
    『劇場版ポケットモンスター』(1998~全作、アニメーション監修)

  • 後藤 隆幸 (アニメーター、キャラクターデザイナー/株式会社プロダクション・アイジー)

    プロダクション・アイジー取締役。ドラゴンプロダクションなどを経て、アニメーターとして東映動画やタツノコプロの作品に参加。1988年、『赤い光弾ジリオン』終了後にタツノコ制作分室の石川光久とともに有限会社アイジータツノコ(現・プロダクション・アイジー)を設立。

    【主な参加作品】
    『Gu-Guガンモ』(1983、作画監督・原画)
    『赤い光弾ジリオン』(1987、キャラクターデザイン・作画監督)
    『ぼくの地球を守ってPlease Save My Earth』(1993、キャラクターデザイン・総作画監督)
    『HUNTER×HUNTER』(1999、キャラクターデザイン・作画監督)
    『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(2002、作画監督)
    『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』(2004、キャラクターデザイン・作画監督)
    『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』(2006、キャラクターデザイン・総作画監督)
    『獣の奏者エリン』(2009、キャラクターデザイン・総作画監督)
    『黒子のバスケ』(2012~2014、総作画監督)
    など

  • 佐藤 好春 (アニメーター/日本アニメーション株式会社)

    日本アニメーション株式会社所属のアニメーター。スタジオジブリや日本アニメーションにて世界名作劇場などの原画やキャラクターデザインを手掛ける。

    【主な参加作品】
    『愛少女ポリアンナ物語』(1986) (キャラクターデザイン、作画監督)
    『となりのトトロ』(1988) (作画監督)
    『魔女の宅急便』(1989) (原画)
    『おもひでぽろぽろ』(1991) (作画監督)
    『ロミオの青い空』(1995、キャラクターデザイン、作画監督)
    『劇場版 フランダースの犬』(1997、キャラクターデザイン・作画監督)
    『シンドバッド~3部作~』(2015、2016、キャラクターデザイン、総作画監督)
    など

  • 瀬口 泉 (アニメーター)

    株式会社プロダクション・アイジーを経て現在はフリーランス。

    【主な参加作品】
    『精霊の守り人』(2007、動画)
    『戦国BASARA』(2009、原画)
    『うさぎドロップ』(2011、原画)
    『わすれなぐも』(2012、原画)
    『ROBOTICS;NOTES』(2012、作画監督)
    『黒子のバスケ』(2012~2013、作画監督・演出)
    『ジョバンニの島』(2014、原画)
    『攻殻機動隊 新劇場版』(2015、作画監督・プロップデザイン)
    など

  • 瀬谷 新二 (作画監督、株式会社手塚プロダクション 製作局 作画部長)

    1978年4月に株式会社手塚プロダクションに入社、以後、多くの作品で原画、作画監督、キャラクターデザイン等を担う。現在も手塚プロダクションに在籍、後進の指導、育成にもあたっている。

    【主な参加作品】
    『青いブリンク』(1989、作画監督)
    『手塚治虫の旧約聖書物語』(1997、キャラクターデザイン・作画監督)
    『ブラックジャック・空から来た子供』(2000、監督)
    『アストロボーイ・鉄腕アトム』(2003、キャラクターデザイン・総作画監督)
    『ブラック・ジャック』(2004、キャラクターデザイン・作画監督)
    『ねずみ物語』(2007、キャラクター設定・作画監督)
    『クミとチューリップ』(2015、原画・育成担当/アニメミライ2015)
    『かっちけねえ!』(2016、キャラクターデザイン・作画監督/あにめたまご2016)
    など

  • 中島智成 (CGディレクター/株式会社武右ェ門)

    1997年スタジオ4℃入社。2000年よりフリーランス。

    【主な参加作品】
    『スプリガン』(1998、デジタルアーティスト)
    『陶人キット』(2000、CGディレクター)
    『スチームボーイ』(2004、デジタルアーティスト)
    『新SOS大東京探検隊』(2006、アニメーションディレクター)
    『いばらの王』(2009、CGディレクター』
    『FRIENDS もののけ島のナキ』(2010、アニメーター)
    『ベルセルク 黄金時代編』(2011、CGアニメーター)
    『新劇場版エヴァンゲリヲンQ』(2012、CGアニメーター)
    『かぐや姫の物語』(2013、デジタルアーティスト)
    『GUNDAM THE ORIGIN Ⅰ』(2013、デジタルアーティスト)
    『クロスアンジュ』(2015、CGアニメーター)
    『風の又三郎』(2016、CGディレクター)
    など

  • 富沢 信雄 (アニメーション監督/株式会社テレコム・アニメーションフィルム)

    株式会社テレコム・アニメーションフィルム所属のアニメーション監督。アニメーターとして『ルパン三世 カリオストロの城』 (1979)『未来少年コナン』等に参加。『名探偵ホームズ』では演出・絵コンテとして参加。

    【主な参加作品】
    『ルパン三世 カリオストロの城』(1979、原画)
    『未来少年コナン』(1978、原画)
    『NEMO ニモ』(1989、アニメーション・ディレクター)
    『無敵看板娘』(2006)、監督)
    『二十面相の娘』(2008、 監督)
    『リルぷりっ』(2010、演出・助監督)
    など

  • 山田桃子 (アニメーター/株式会社手塚プロダクション)

    2008年、株式会社手塚プロダクション入社。多くの作品で動画、原画を手掛ける。
    現在も株式会社手塚プロダクションに勤務。

    【主な参加作品】
    『遊戯王ZEXAL』(2011、原画)
    『坂道のアポロン』(2012、原画)
    映画『グスコーブドリの伝記』(2012、原画)
    『ポケットモンスターXY』(2013.原画)
    『ろぼっとアトム』(2014、原画)
    『クミとチューリップ』(2014、原画/アニメミライ)
    『かっちけねえ!』(2015、原画/あにめたまご)
    「ポケットモンスターXY』(2016、作画監督)
    など

  • 山田裕城 (CGデザイナー・監督/株式会社武右ェ門)

    奈良県出身。CGデザイナーとして、スタジオジブリ、サンライズ・エモーションスタジオを経て、2014年より武右ェ門に所属。

    【主な参加作品】
    『ホーホケキョ となりの山田くん』(1999)
    『千と千尋の神隠し』(2001)
    『ハウルの動く城』(2004)
    『新 SOS 大東京探検隊』(2006)
    『いばらの王 -King of Thorn』(2010)
    『風の又三郎』(2016、監督/演出/脚本)
    など

講師補佐

  • 野村 建太 (日本大学芸術学部映画学科 助教)

    日本大学大学院芸術学研究科映像芸術専攻修士課程修了。同大学芸術学部での助手を経て、現在助教。

    【主な研究活動・作品】

    『マイマイ新子と千年の魔法』(2009、作画協力)
    『極私的アニメーション入門--「日記映画」をアニメーションにする試み』(日本映像学会第40回大会、2014)
    『ポイントライト・ウォーカーを使った、アニメーションの動きの理解について』(日本映像学会映像心理学研究会、2014)
    『日記映画とアニメーションについて』(日本映像学会第41回大会、2015)
    『アニメーション制作実習課題の検討とその作品の印象評定』(日本映像学会映像心理学研究会、野村康治氏と共同、2016)
    など

プログラムディレクター

  • 竹内 孝次

    アニメーションプロデューサー。1953年生まれ。1976年に日本アニメーションに入社。1980年、テレコム・アニメーションフィルムに移籍。元テレコム・アニメーションフィルム最高顧問。
    【代表作】
    『母を尋ねて三千里』『あらいぐまラスカル』『未来少年コナン』『赤毛のアン』『名探偵ホームズ』『じゃりン子チエ』『リトル・ニモ』

  • 布山 タルト

    東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション研究専攻教授。1990年代からコンピュータを道具としたアニメーション制作を行う。2003年からトリガーデバイスとアニメーション制作体験ワークショップを国内外で多数実施。アニメーションをつくる経験のデザインをテーマとして、独自のデバイスやソフトウェア開発を行っている。日本アニメーション学会副会長、日本アニメーション協会常任理事。

プログラムプロデューサー

  • 岡本 美津子

    プロデューサー。1964年宮崎生まれ。京都大学卒業後、1987年NHK入局。2000年、デジタルアート作品
    の公募番組『デジタル・スタジアム』、2003年『デジタルアートフェスティバル東京』などの番組およ
    びイベントの企画、制作を行う。2008年東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻教授就任。2010年4月からNHK Eテレで毎週月~金放送中の『2355』『0655』を企画、チーフプロデューサーとして制作中。2012年3月からNHK Eテレで放送『テクネ~映像の教室』、2012年6月放送NHKみんなのうた『moon festa』、同8月放送『ヤミヤミ』の映像プロデュースなどを行う。